茜空

Akanezora


自然美溢れる婚約指輪:茜空
作品風景:茜色の空

こんなおふたりにオススメ

山々の谷間に、夕陽が沈みゆく様を顕した、遠距離恋愛のおふたりにオススメしたい婚約指輪です

ダイヤモンドを夕陽に喩え、アームは、山の谷間を顕しております。夕陽は沈んでも、ふたりを照らす星明かりが存在する…結婚指輪:天の川と重ね着けする事ができますよ

どんなに遠く離れていても、見る星の輝きは、一緒なのですね

シンプルながらも、京都在住デザイナーの美しい曲線へのこだわりを感じ取れる婚約指輪です

→プロポーズ指南書:婚約指輪:『茜空』 はこちら

プロポーズ指南書

おすすめシチュエーション

夕陽と茜色に照らされ輝いている山の稜線をデザインしました日本的な自然美を感じて頂ける婚約指輪です広い空が臨める場所で、茜色に染まりゆく景色を見ながら、想いを告げるのはいかがでしょうかひとりだと物悲しく感じる茜空も、ふたりで見れば、ただただ、その美しさに心奪われるでしょう夕陽に照らされた彼女様に、プロポーズのお言葉をお伝え下さい

夕陽と茜色に照らされ輝いている山の稜線をデザインしました日本的な自然美を感じて頂ける婚約指輪です

広い空が臨める場所で、茜色に染まりゆく景色を見ながら、想いを告げるのはいかがでしょうか

ひとりだと物悲しく感じる茜空も、ふたりで見れば、ただただ、その美しさに心奪われるでしょう
夕陽に照らされた彼女様に、プロポーズのお言葉をお伝え下さい

一人で見ると物悲しくて、一日の終わりを感じさせる夕陽も君とふたり一緒なら、これから始まる闇に、星の輝きを見つけることができる【プロポーズの言葉】「ずっと夜が続けばいいのにって思ってた」「でも君と出会ってからは、君に会える次の日が早く来ないかなって思うようになった」「夕陽を見て、別れが寂しくなるのは、もう嫌だから…」「君のいる家に帰れるって、夕陽を見て嬉しくなれるように、僕の帰る場所になってくれませんか」→プロポーズ指南書:~夏~のページへ戻る

一人で見ると物悲しくて、一日の終わりを感じさせる夕陽も
君とふたり一緒なら、これから始まる闇に、星の輝きを見つけることができる

【プロポーズの言葉】

「ずっと夜が続けばいいのにって思ってた」
「でも君と出会ってからは、君に会える次の日が早く来ないかなって思うようになった」

「夕陽を見て、別れが寂しくなるのは、もう嫌だから…」

「君のいる家に帰れるって、夕陽を見て嬉しくなれるように、僕の帰る場所になってくれませんか」

プロポーズ指南書:~夏~のページへ戻る

夕陽の婚約指輪:茜空におすすめの刻印

TADAIMA▲toB :10文字

[使い方]※▲はスペースです

[意味]君の元へ帰ります