MENU

基本的なジュエリー素材について

プラチナや金・シルバーの素材の違いで、同じデザインでも、価格は大幅に変わります最近では、台所のシンクに使用されるステンレスを使用した婚約指輪や結婚指輪も、存在するそうです…素材それぞれの特性を覚えておかれますと、指輪がもっと身近になるはず…

プラチナや金・シルバーの素材の違いで、同じデザインでも、価格は大幅に変わります

最近では、台所のシンクに使用されるステンレスを使用した婚約指輪や結婚指輪も、存在するそうです…
素材それぞれの特性を覚えておかれますと、指輪がもっと身近になるはず…

プラチナとは

プラチナは、ジュエリーの素材の中で、一番高価で希少価値の高いものです。希少価値の高さでは、プラチナ→金→シルバーの順となります

昨今、金は、中国の方針として大量に購入されました為、高価になりましたが、じわじわと下がってくると謂われております


プラチナは、3グラムを精製するのに、約1トンの原鉱石を必要とし、2ヶ月の期間を要します。年間産出量は、わずか50トンです

プラチナは、95%の純度が、世界基準となります。残りの5%は、他の金属を足し、合金とする事で、硬化します

つまり、100%純度のプラチナは、ジュエリーとしての硬度を保つことが難しいのです


日本で一般的に使用されておりますプラチナ900(90%プラチナ・10%パラジウム)に比べ、1.8倍程の固さを保っております

プラチナは、低アレルギー性の金属です。およそ1%未満の日本人しか、プラチナに対しアレルギーをもっておりません
また、変色が一切ありませんので、永い年月を共に過ごす事が可能です

萬時では、プラチナと同じ白金属で高価なルテニウム2%、パラジウム3%を配合しましたPt950の超硬度プラチナを使用しております。永い年月を共に過ごす婚約指輪&結婚指輪です!硬くて傷つきにくく、変色も無い素材を使用しております

18金とは

100%金を24金と呼びます。18金は75%が金です。24金(100%金)は、非常に柔らかい為、ジュエリーとしては使用できません。その為、純度を75%に落としジュエリーとして使用されます。25%にはシルバーと銅が入った合金です

これが、イエローゴールドと呼ばれるモノです

金は年間2300t産出される為、プラチナよりも安価となります(昨今、純金(24金)が高価になっているのは、中国での供給を越えた需要が原因とされています、その内、元の価格に落ち着くでしょう)。金の相場は、24金での価格の為、ジュエリーにおきましては、×0.75での価格が18金の価格と成ります

ピンクゴールドは、シルバーよりも銅の比率を高くすることで、ピンクゴールドと成ります
ピンクゴールドを使用した結婚指輪:千年樹はこちらです※金の部分が、ピンクゴールドです
また、ホワイトゴールドは、シルバーの比率を増やしたモノとお考えくださいませ
ホワイトゴールドを使用しました結婚指輪:水模様はこちらです※男性用一部、黒い部分がホワイトゴールドです

また、イエローゴールド、シルバーや銅を配合する為、黒く変色します。温泉に入る際には、取り外しましょう

シルバーや銅は、アレルギーを持つ方が多いので、アレルギーの方、肌の弱い方には、18金は、オススメしません

チタンやステンレスとは

まず、チタンです
チタンは、非常に固い金属です!ノンアレルギーの為、心臓のベースメーカーに使用されるそうです

非常に傷がつきにくい為、鍛造方式(プレス方式)で、結婚指輪等が製作された時期もございました…固すぎる為、真っ直ぐ、ストレートタイプの結婚指輪を探しておられる方に向いております

デザインをお求めの方には、不向きの結婚指輪です。尚、京都萬時では、デザイン性に想いを込めております為、チタンは使用しておりません…申し訳ございません…

ステンレスは、イギリスで人気のが出たそうです!
皆様ご存知の通り、ホーローの事です…炊事場で使用される金属の為…萬時では、採用してりません…申し訳ございません…チタン同様に、固い為、傷が付きにくい素材です。もちろん、変色も御座いません

チタン同様、ストレートタイプの結婚指輪をお探しの方にオススメです

24時間 WEB予約
2018 c Manji 株式会社トレンドメイク