素材について

~Material~

47_bridal_5

婚約指輪や結婚指輪は、やはりプラチナの方が良いのでしょうか?

A

はい。仰る通りです。プラチナは、王水と呼ばれる超強塩酸・超強硫酸でしか変色しません。皮膚が溶ける様な強い塩酸と硫酸です。研究職の方が使用される薬品です。

日常生活の中で変色がありませんので、使い勝手も良いです。トイレの強力洗剤でも変色しませんから、プラチナ製をおススメ致します

18金は、変色すると聞いた事があります。

A

はい。仰る通りです。18金は、75%が金・12.5%がシルバー・12.5%が銅です。金は変色しませんが、シル バーと銅が変色する為、自身での日常的なメンテナンスが必要な素材です。日常的に専用の布で拭く等のメンテナンスをお願い致します。

性格的に細かい性格の方は、18金製の指輪でも大丈夫です大雑把な方には向いていない素材が、18金です。また、硫黄系の温泉に入ると、金の部分が真っ黒に変色します。温泉に入る際は、お気を付け下さい。

アレルギーを持っていますが、大丈夫でしょうか?

A

アレルギーをお持ちの方が増えております。除菌の生活が続くと、肌が弱くなるそうです…。難しいバランスです。
アレルギーをお持ちの方は、担当アートデザイナーにお伝え下さいませ。指輪選びの際、右手に候補では無い 指輪を、一定時間お着け頂きます。かゆくなれば、プラチナの金属アレルギーをお持ちです。
その際は、アートデザイナーより更なるご提案を致しますので、ご安心下さいませ。

和の文化と京都の文化を顕す指輪作品

京都のブライダルジュエリーメーカー:萬時のオリジナル婚約指輪と結婚指輪には、
京都に因んだ和の深い意味合いを、デザインに吹き込んでおります。


婚約指輪作品は全24デザイン、結婚指輪作品は全40デザイン御座います。
二人の想いが込められた和の指輪を見つけて頂けます。

取り扱い店舗を探す

RESERVATION

WEB予約

#link-to