JEWELRY GLOSSARY

素材

~Material~

プラチナ

元素記号は、Ptです。日本では、白金と呼称されます。産出量も少ない為、貴金属となります。金 の産出量の1/19です。変色も無く、取り扱いが簡単な為、多くのジュエリーアイテムとして使用されます。
萬時では、95%の純度のプラチナ950を使用しております。残りの5%は、プラチナ属のパラジウムとルテニウムを配合している為、90%プラチナの約1.8倍程度の硬さを誇ります。傷も付きにくいです。

イエローゴールド

100%の金を24金と呼称し、75%の金を18金と呼称します。100%金の24金は、柔らかすぎる為、 ジュエリーとして使用する事は難しいです。純度を75%の18金にする事で、硬化させ、ジュエリーとして使用が可能となりました。残りの25%には、半々で、シルバーと銅を入れ、18金イエローゴールドとなります。
24金は、変色しませんが、18金は、シルバーと銅が入っている為、変色します。京都 萬時の指輪作品の18金イエローゴールドは、シルバーの代わりに、プラチナと同じ性質を持つパラジウムを使 用し、日々の変色を抑える配合となっております。

ホワイトゴールド

60歳以上の方は、ホワイトゴールドを白金と呼称する為、注意が必要です。
18金は、半々でシルバーと銅が入っていますが、シルバーの比率を高くすると、18金ホワイトゴールドとなります。一般的にプラチナ色のメッキを掛けます。
萬時の18金ホワイトゴールドは、シルバーをパラジウムに変換する工夫をする事で、プラチナの色を少し黒くしたホワイトゴールドを使用しております。色が格好良い為、メッキ処理は、行っておりません。

ピンクゴールド

ピンクゴールドは、日本で開発された日本人の肌に合う18金です。銅の成分を増やす事で、銅の色が強く出ております。
銅は、粘り気が少ない地金の為、脆いという欠点が御座います。その為、京都 萬時では、 婚約指輪や結婚指輪を、全て18金ピンクゴールドで制作する事を、おススメしておりません。

純度

100%の純度のプラチナ1000、100%の純度の金の24金は、非常に柔らかい為、永く着ける事になる婚約指輪や結婚指輪の素材としては、不向きとなります。

ビッカース硬度

ビッカース硬度は、主に金属の硬さを顕す単位です。HVという単位で顕されます。

和の文化と京都の文化を顕す指輪作品

京都のブライダルジュエリーメーカー:萬時のオリジナル婚約指輪と結婚指輪には、
京都に因んだ和の深い意味合いを、デザインに吹き込んでおります。


婚約指輪作品は全24デザイン、結婚指輪作品は全40デザイン御座います。
二人の想いが込められた和の指輪を見つけて頂けます。

取り扱い店舗を探す

RESERVATION

WEB予約

#link-to